×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

たったこれだけ!元大手予備校講師が教える読書感想文の書き方のコツ  ー結びのコツー


読書感想文 書き方 コツ ブン子

【標語で覚える 結びのコツ】  

 ダサイ、クサイ、結びでそれは忘れよう 

 どこまでも 熱く語って ちょうどいい


結び=今後の抱負を熱く語る

結びは、一言で言えば、今後の抱負を書けば十分です。

自分が今後どうしたいと思ったか、
自分は今後なにを気をつけようと思ったか、

単純にそのような内容を丁寧に書けばOKです。

今後の抱負を書いた例)
私はつくづく自分は恵まれていると実感した。
何気なくしている行動、何気なくしている生活、それらは、今の私には当たり前のように感じるけれど、それが当たり前ではなかったときがあるのだ。
過去のたくさんの人たちのおかげで、今の社会が成り立っている。
だから、私は、恵まれた生活を普通のこととして、受けることができる。社会を作っていく・・・これは他人事ではない。私も、社会人となれば、これからの社会を作っていく一員になる。すでに、その基礎は今の自分にあるはずだ。私は、自分の子供たちが、安心して生活できる、自由な社会を同じように楽しめるようなそんな大人になっていきたい。

うっかりすると、

「そんなクサイこと言えないよ!」という声が聞こえそうですが、それはここではちょっとわきに置いておくこと!

多少、そのくらいでちょうどいいのです。

「熱い気持ち」が大事なのです。

気持ちがちっとも熱くならない!という方も、ここはがんばって熱い気持ちを語りましょう。

ブン子先生 読書感想文 集中講座 
脱出!読書感想文 苦しみの迷宮
読書感想文 ハマりやすい3つのワナ
読書感想文 コツとタブー
読書感想文 作成手順 具体例
読書感想文 あなどれないポイント!
ここで差がつく!読書感想文
『すみ鬼にげた』を例に
行詰まり脱出作戦!
感想文 書きやすいか?の本選び
文豪の作品と感想文の書きやすさ
課題図書 - 売り切れ要注意!-
コンクール情報 - 個人応募可も多数 -